TP-13  『 全部入り 』

携帯電話のラインナップをどうするべきか、という話。

携帯電話の業界も成熟期に入ったと言われて随分経ちまして、メーカー数も機
種数も選ぶのに困るくらい増えてきました。
しかしながら、それらを良く見てみると実はデザインの差だけで機能としては
あまり差ないことが判ります。

今の携帯の状態を自動車にあてはめてみると、8人乗り乗用車で3ナンバーフル
サイズのワンボックスなんだけど、ダンプする荷台にアルミの箱がついてて荷
物は4tまで積めるし、中の作りは高級車で、もちろん4WD!みたいなものです。
それを見てユーザーは「せめてカローラくらいのサイズだといいんだけどね」
「もっとキビキビ動くといいんだけど・・・」「あんな荷台イラナイよなぁ」
「えーダンプするの面白いじゃん」「燃費悪いけどなんで?」とか言ってる様な
もので・・・

もちろん自動車ではそういうのは物理的に不可能なので実在しませんが、携帯
ではそれに近い事ができてしまうから、やっかいなのですね。でもって結局は
「機能ってあれば使わない選択ができるけど、無かったら使えないよね」
というイイワケに乗って、とにかく全部入りになってしまっています。

そんなモノを作っている企画部門は、市場調査やって市場の求める物を作って
いるとは言いますが、それでも売れない。何故かって、市場は個人の集合体で
個人ではないからじゃないですか? 市場全体の個々人が求める機能を集めたか
らって個人の求める物になるはずか無いと思うのですが・・・
森を見て木を見ず、ですかね。(苦笑)

じゃあどうしたら良いのか、個人が欲しい物ってナンダ? という話ですが
作り手の都合を無視して考えると、使う人のターゲットを絞って載せるべき機
能を考えろ、ということになります。
その結果としてターゲット別のフルラインナップが必要になって来ます。

で、ユーザーが欲しいと思っている携帯、というかモノってどういうものかと
いえば・・・一般論的な表現ではありますが
       「値頃感があって安心して使えるもの」
ではないでしょうか。

値頃感とは、「自分が使いたい機能」と価格のバランスであり
安心とは、壊れにくい、バグがない、だけでなくて「搭載されている機能が把
握できる」ということです。
(何が入っててどう動くかわからない物を安心して使えるはず無いですよね。)

今の携帯は、全部入りであるがゆえに、単なる機能と価格のバランスは、まぁ
十歩譲ってまあまあだとしても、自分が使う機能と価格はどうか、と考えたら
恐ろしくコストパフォーマンス低いはずです。
また、そういう作り方だからバグは減らないし、どんな機能が入っているのか
すらユーザは把握出来ず、とても安心して使えるモノにはなっていません。

機能を絞る必要、というのはみんな漠然と感じてはいると思いますが、実は
モノづくりの基本に立ち返って考えてみてもスジの通るものなのです。

しかし実際は、機能絞ったとしても1機種開発するためにかかるヒト、お金は
機能絞っていない機種のソレと大差ない(ちゃんと考えていないからかも)ので
とてもじゃないけど、機能絞ってフルラインナップなんて出来ないわけです。

1メーカーでは、ね。

でも最近はドコモだとP社N社、D社F社が「協業」といって、ソフトを共通化さ
せる様なことをしています。どうせ協業するならラインナップの真の充実を目指
してやるべきではないでしょうかね。
1社で3機種出せれば2社で6機種。結構いいラインナップになる気がしますが。

もっと言えば、そういうことってキャリアが旗振ってやればいいんですよね。

最近不振のボーダフォンが若い人にターゲットを絞って行く、という様な方針
を出した様ですが、キャリアがそういう絞り方をするならメーカーはその中で
更にターゲットを絞って面白い物を開発して行けそうな気がします。

が、これがまた「若い人向け」というだけの横並び機種ラインナップになる様
だと、もうボーダさんも終焉、でしょうね。

まぁよくよく考えてみると、携帯で出来ることなんてタカが知れているので
機能絞ったら、その1機種で済みそうな気もしますけど(笑)

みなさんは、どんな携帯が欲しいですか?

By じんじんさん   [ 2005/07/19 ]  jj@5252.org